10年前ほどの話ですが、福島県のペンションで住み込みのアルバイトをしており、シーズン中は休み暇もなく朝から晩まで働き詰めで、夜にはヘトヘトになって毎日大変でした。山の中だったので、ウォーキングくらいしか運動はできなかったし、そんな体力があれば少しでも寝たいというくらい体が疲れていました。そこで、オーナーの提案で出張マッサージを呼んで、ある夜、スタッフ全員がマッサージを受けることになりました。夫婦でされていたので、2人同時進行でやってもらえました。リンパマッサージが主だったのですが、職種からもどこが凝っているのかもすぐに見つけて、凝りをほぐしてくれました。オーナーも気をきかせて、「この子たち僕よりも凝ってるから、しっかりお願いします」と伝えてくれたおかげで、疲れている部位のツボを素早くマッサージしてくれました。もし、これが自分たちの足で店舗に向かうとなると、車が必要になっていただろうし、ヘトヘトで外にも出たくなかったし、帰りの運転のことを考えると行くのが億劫だったと思いますが、出張マッサージという素晴らしいアイディアのおかげで、家(住み込み先ですが)で緊張せずにリラックスした状態で施術を受けられたのだと思います。その日の夜はゆっくり湯船に浸かって、倒れるように床につき、翌朝はスッキリとした目覚めだったことを覚えています。出張マッサージはそれっきりですが、もし機会があればまた受けてみたいと思います。

下町価格で芸術が楽しめる錦糸町

錦糸町といえばJR、半蔵門と都心からストレスを感じない近さの下町「隅田区」、飲食店や錦糸公園などは知られた存在ですが、他にも芸術色豊かな魅力溢れる街です。
錦糸町駅からほぼ雨に濡れない徒歩距離にある「すみだトリフォニーホール」隅田区が管理する新日本フィルハーモニー交響楽団の本拠地、そう小澤征爾さんが立ち上げられたホールなのです。下駄を履いて来られる場所にと気取らないことをモットーにしながらも、パイプオルガンを備えた1800席のクラシック専門の大ホールは圧巻です。世界各地から様々な音楽家が訪れるこのホール、サントリーホールより少しチケット代がお安いのは立地ではありますがクラシックファンには有名なようです。
そして、ジュニアオーケストラという区民、在住者が参加できる仕組みもあるので将来音楽教育を考えている若い方々にとっては子育てをする場所としてもとても良い環境として候補に上がりそうです。
そして足を伸ばせば北斎美術館。1日で少しの移動時間でたくさんの芸術体験ができる街としてお得ですよ。

ホームに戻る